2014年7月26日土曜日

シートベース製作 






曲げた所にぴったり合わすと弱いから 隙間をあけてその隙間は溶接しない事が重要。








二段で折ってるのはただのRにすると尾てい骨がやられるから。





板金した。





ベースは1.6mm 補強には4.5mm厚を使用





通常二本で事足りる。






ピンと




受けやね。





作業指示書。






突っ切り。





シートの受けが出来上がり。





溶接する。

この日は2014年7月23日







もうちょっと掛かるなぁ。







ここから先のシートは一人でしか出来ないから
手待ちを作らない様にマフラーを先にやる。





本土決戦まで持たなかったなぁ。。
わずか2日の竹槍やった。。





マフラーを上げたら視覚的効果で車体すら寸づまりに見えるなぁ。
つまり純正のディメンションならではのスカスカ感を消す事も出来るか。





鋳物を超えるまで少し上げるか。





あらま。





鍵忘れて家に入れなかった。。





ホンマ毎日暑いねぇ。。
熱中症にお気を付け下さいませ。











15 inch Wide wheel マシニング切削 ラスト



最後の本仕上げは泡で見えないから飛ばして・・





リムの高さとハブの高さを測り





鋤取り。





ブレーキの入る穴を掘る。





バブルで見えませんが・・。





ベアリング穴もボーリングする。





左右で4個入れる。
耐荷重は倍へ。





確認して





いよいよ解体する。





出来た!
まだやけど。


軽いらしい。





五月の終わりにはまだ鉄のままやった。

百何十キロと削ったんやね。









リム幅125mm
純正の20mmアップ。










ものすごく太く見えるなぁ。





迫力あるわ。





バイク作ってなかったらこれを肴に一杯やりたいなぁ。。。


バイクと部品さえあれば
綺麗なネーチャンなんざイラン!?





うっ。





治具もご苦労サン





黒田屋もご苦労サン。

こんなストイックな男もナカナカ居らんなぁ。









オサレさは微塵も無いが油臭いこの場所がいいなぁ。










2014 FTW #56



スワローテールさん!?





作風が随分変わったような・・。











酸が掛かった様な感じ。







リブが付いてる。

昔からあるけど
こんな部品も最近出来たんやなぁ。







鋳造に部品が付いてる。








これなんかそっくりやね。







壁の飾りに欲しい。